大切に着ていた毛皮だけど、新しい毛皮を買ったので古いものはタンスの奥にしまっておこう、とそのままにしている方も多いのではないでしょうか。では、古い毛皮を処分するにはどうしたらいいでしょうか。新しい持ち主に大切に扱ってもらうためにも、毛皮を売るベストな方法ではないでしょうか。毛皮を売るには、インターネットで毛皮買取業者を利用するといいです。しかし、タンスの奥深くにしまわれていた毛皮は汚れていたり型が古かったり、毛皮を売るのに本当に買取ってもらえるのか不安ですよね。あなたが見てダメだと思うものでも、毛皮買取業者のプロに一度査定してもらいましょう。毛皮を売る場合、素人にはわからない部分もあります。査定を聞いてから、どうするかを決めるのも遅くはありません。一つの業者だけではなく、他の業者にも査定をしてもらい納得のいくところを選択しましょう。大切に扱っていた毛皮だからこそ納得のいく業者に売りたいものですよね。タンスの中で眠っている毛皮があったら、一度確認をしてみてください。型が古いものや汚れが目立つからと消極的になる前に、プロの目に見てもらうことであなたが大切にしていた毛皮を大切にしてくれる方がみつかります。

毛皮ができるまでには、色々な作業工程を経る必要があります。まずは毛皮とする動物をしとめて皮を剥ぎます。この生皮には肉や脂肪分の固まりが付着しているので、有機溶剤を用いつつ処理を行う必要があります。

次に、生皮はそのままでは腐敗してしまうので防腐処理を行わねばなりません。この工程を「なめし」と呼びますが、様々な方法が用いられており、それぞれ特徴的な色味や性能が付与されるようになります。例えばタンニンを用いてなめすと仕上がりにおいて「飴色の艶が出る」と言った具合です。なめし方によっては、毛皮ができるまでに非常に多くの作業が必要になるので、商品となった際の価格差などにもつながります。

なめしが終わったら仕上げとして染色を行います。柔軟性も上がるため、より手触りのよい高級な毛皮になります。コートとなるような大きな毛皮ができるまでは、必要な作業や用いる薬品などが最も大量に必要となり、結果的に大変な高級品となるのです。

このように、毛皮ができるまでは色々な作業を行います。毛皮の希少価値の他にも、仕上げまでに手掛けた作業の量や用いた道具の質などによって、ピンからキリまで様々な価格帯に分類されるのです。一口に毛皮といっても様々な種類がある、その奥深さの理由と言えるでしょう。

毛皮加工の方法にはいろいろな種類があります。まず染料を使って行う毛皮加工があり、多くの色を表現することができます。単色だけでなく、毛先と根元を違った色に染める方法も存在しています。次にプリント加工もよく利用されています。以前は安い毛皮素材を良く見せるために使われていた方法ですが、現在は幅広いデザインを行うために施されており、多くの可能性があります。毛面だけでなく、皮面にもプリントされることも多いです。白っぽくみせるための毛皮加工として、ブリーチが行われることもあります。毛皮の素材感を損なうことなく、違った表現ができるのが魅力です。この他、毛皮に三角形などの連続穴をあける毛皮加工のパンチングがあります。レザーの技術から使われるようになった方法です。さらに、毛皮にいろいろな形や模様をつけるための技術として、グルービングがあります。毛を溶かしたり刈ったりする手段があり、特殊なマシンを用いて行われます。バリカンを使う場合はカービングといい、より細かい柄を作ることができます。毛を溶かして模様をつける場合は、薬品糊を利用します。これらの方法は、毛皮にどのような柄を作りたいかによって使い分けることが可能です。

お手持ちの毛皮が不要になってしまった場合には、処分してしまわずに買取業者に依頼をして売却することがおすすめになります。毛皮は種類によっては高額買取になる可能性があります。不要になったからといって処分してしまうよりも、売却をして少しでもお金にした方がお得になるのです。

もし、品質が劣化していたり、売却できないのではないかと迷っている場合にも、まずは処分する前に買取業者に見積もりを依頼してみましょう。1つの買取業者では価値がつかないものでも、他の買取業者では買取ってもらうことができる可能性もあります。ですから、買取業者に見積もりを依頼する際には、1つの買取業者だけでなく複数の買取業者に依頼をすることが大事です。

その際には出張買取や宅配買取を利用すれば、わざわざ買取店舗まで足を運ばなくても複数の買取業者に見積もりを依頼することができます。忙しくて店舗まで行くことができない人や、外出が困難な人にも便利な買取方法です。もし、買取金額に納得ができなければキャンセルをすることも可能ですので、気軽に利用できるでしょう。

毛皮は価値が高いものが多く、高価買取が期待できることもあります。ぜひ、処分する前に毛皮買取業者に売却してみましょう。

この仕事をしていると「毛皮」という言葉にはすぐに反応してしまいます。

新宿を拠点として活躍した劇作家が、当時から中性的な魅力を振りまき今でもオーラ健在のあの方のために書き下ろした毛皮のマリー(毛皮のマリーズ(Wikipedia)と似てますが違います)。という作品に目が留まりました。毛皮のマリーは1967年に初演されて、2015年には7度目が公演されました。

脚本家は厳しい方で、劇団員の方が脚本と少しでも違うセリフをしゃべると厳しい指導をしていたにもかかわらず、主演の方に対してだけは何も言わなかったそうです。年上だったため遠慮が有ったのかもしれませんが、それ以上に劇の本質を理解しているだけでなく、脚本家の意図を超えた深い読み取りができていたためと主演の方がインタビューで話していました。

毛皮のマリーの中には、「この世はみんな嘘でできているのよ」という内容セリフがあるのですが、主演の方は服を着て、お化粧をしている時点ですでに嘘、出世や安定のためにも嘘をつく・・と解釈をしたことを脚本家に話したそうです。そして、脚本家は「あなたは恐ろしい人だ、それでけこうです」と認めたそうです。

今、2015年の公演の毛皮のマリーの美輪さんの写真を見ています。主演の方は、黄色い髪の毛に口紅と黒い帽子にブラウンの毛皮を着ているのですが、これだけゴージャスになっても、負けない毛皮の存在感に感心します。自由度が高いのも毛皮の魅力ですね。

自宅に不要な毛皮がある場合には買取業者を利用して売却してみることをおすすめします。毛皮は保管しておくだけでも定期的なメンテナンスが必要になります。それを怠ってしまうと品質が劣化してしまい、市場価値が下がってしまうのです。経年劣化による品質低下は買取金額に悪影響を及ぼしますので、不要になっていまったら保管するよりも早めに売却するようにしましょう。

毛皮を売却する時にはなんでも買い取るような買取業者ではなく、毛皮専門の業者に依頼をすることがポイントです。なぜなら、専門の業者の場合には毛皮に関する知識や技術に特化していますので適切な価値の判断を行ってくれるからです。

また、1つの買取業者に依頼をするのではなく、複数の業者に見積もりを依頼してそれぞれを比較し、その中から優良な業者を選ぶことも重要なポイントになります。業者によって買取金額が異なりますので、比較をしないと高い買取金額の業者を見極めることができないからです。

その際には、比較サイトやランキングサイト、口コミサイトなどを参考にして業者を探すこともおすすめになります。これらのサイトを活用すれば、効率的に優良な業者をピックアップすることができるでしょう。

毛皮を売りたいと考えていても、どのような方法で売るのか分からず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。また、ご自身が持っている毛皮の状態によっては毛皮を売りたい気持ちを諦めてしまうこともあるかもしれません。

毛皮買取業者の買取方法は多岐に渡り、出張で自宅まで来て査定するものや、宅配で送って査定して貰うもの、直接持ち込む方法などがあります。持っている毛皮の量や、生活の忙しさ、住んでいる場所などによって方法を選びましょう。お急ぎの場合は事前に相談する事で30分から1時間程度で査定して貰えることもありますので、今の状況を的確に伝えることでスムーズな毛皮の買い取り進行が出来ます。また、女性一人暮らしの方は男性スタッフを家に上げるのに抵抗があるかもしれません。こちらも女性スタッフを希望すれば業者によって対応してくれるので、早めに業者に連絡しましょう。

毛皮を売るタイミングですが、“毛皮を売りたい”と思ったら直ぐに売るのが秘訣です。勿論古い物やずっと着ていない毛皮でも査定して貰うことは可能ですが、より新しい物の方が査定額をアップすることができるので思い立ったらすぐ行動に移しましょう。毛皮を売りたいと考えた頃には虫食いでダメージが加わっている場合もあります。

http://fur-senka.com/voice.html

  

Calendar

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031