毛皮加工の方法にはいろいろな種類があります。まず染料を使って行う毛皮加工があり、多くの色を表現することができます。単色だけでなく、毛先と根元を違った色に染める方法も存在しています。次にプリント加工もよく利用されています。以前は安い毛皮素材を良く見せるために使われていた方法ですが、現在は幅広いデザインを行うために施されており、多くの可能性があります。毛面だけでなく、皮面にもプリントされることも多いです。白っぽくみせるための毛皮加工として、ブリーチが行われることもあります。毛皮の素材感を損なうことなく、違った表現ができるのが魅力です。この他、毛皮に三角形などの連続穴をあける毛皮加工のパンチングがあります。レザーの技術から使われるようになった方法です。さらに、毛皮にいろいろな形や模様をつけるための技術として、グルービングがあります。毛を溶かしたり刈ったりする手段があり、特殊なマシンを用いて行われます。バリカンを使う場合はカービングといい、より細かい柄を作ることができます。毛を溶かして模様をつける場合は、薬品糊を利用します。これらの方法は、毛皮にどのような柄を作りたいかによって使い分けることが可能です。